「不用品回収」と「不用品買取」それぞれのメリット・デメリット

いらないものを処分しよう

>

不用品を引き取ってくれる業者

家電リサイクル法に該当する種類

壊れていても卯使えない家具や家電でも、不用品回収業者には引き取ってくれます。
自宅を整理している時に、いらない不用品が見つかるかもしれません。
壊れているものはもう使い道がないでしょうから、捨ててください。
業者は自宅まで、回収しに来てくれます。
自分がどこかに不用品を持って行かなくても良いので、不用品が大量にあっても大丈夫です。

また、家電リサイクル法に該当するものでも問題ありません。
どんな種類の家電でも、まとめて引き取ってくれます。
自分で分別して、家電を購入したお店に持って行くのは面倒だと思います。
処理が面倒で、必要ない家電をずっと自宅に残している人がいるでしょう。
業者に任せれば、簡単に不用品を処分できます。

料金を聞いておこう

行政よりも、不用品回収業者に任せた時は料金が高くなると言われています。
回収を任せた時のデメリットは、こちらが高額な料金を支払うということでしょう。
事前に見積もりを聞いてから、判断すると良いですね。
見積もりを聞く際は、不用品の種類を細かく伝えてください。
提供する情報が少ないと、正しい見積もりを出すことができません。

間違った見積もりを信じて依頼すると、実際に回収してもらった時に予想以上の金額を請求されます。
予算を超えたら、支払いができません。
正しい見積もりを聞く、意識を持ってください。
どんな大きさの不用品を、どのくらい出すのか伝えてください。
その部分が伝わっていれば、業者は正しい見積りを出せるでしょう。


TOPへ戻る